バイクスライダー

更新 2007年05月20日(日)

 息子の依頼でバイクスライダーを再度作成する事になりましたので、紹介しておきます。
 用途はトランスポーター内でのバイク位置の変更、狭い車内で実用になるか?、疑問ですが、
 踏みつけ部分を可動式のキャスターを取り付けてみました。
 (市販品は、ボールキャスター)
 材料はアングル2本、キャスター3ヶで1000円未満、面付け溶接で作業も簡単

 ■バイクスライダーの材料
 今回は25ox3ox910oアングル 2本
 38oφキャスター
 大きさは主材の長さ 910oのアングルを1/2にして  先にテーパーを作り、切り込みを入れ、アングルの水平になるまで、曲げ、溶接します。  

 ■溶接後
 溶接は面と面の溶接で切り込み等の加工は有りません。
 

 ■塗装後組立
 キャスターは5oの六角ボルトで固定しましたが、
 38oφのキャスターは六角ボルトの角が当たり、ダメでしたが、
 タップは切ったし、そのまま強引に取り付けてしまいました。
 

 ■使用例
 18インチのタイヤサイズに合わせて有るので、差込は無負荷で行きます。
 タイヤに差し込み、ハンドルを持ち、バイクを垂直にして、足で踏みつける。
 バイクを垂直のまま、足で押して移動する。
 市販のスライダーには足フックが付いていますが、私の場合は、軽作業なので省略しています。