バイクのページ

更新 2007年4月23日
 写真だけの紹介ではと思い、思いで話です
 仕事も忙しくなり、毎週の様に早戸川(トライアル)にいけなくなった時期に
 ロードならばと思い、中古のロードレーサーを購入しました。
 道路もまともに乗っていなかった私には、ロードの世界には向いていませんでした。
 ウオーミングアップを終えて、レーシングプラクに交換後、会長(須田さん)のゴーサインが出ると
 必ず、第二ヘヤーピンで転倒、ワールドモータースでステップのロー付けをして、再度スタート
 ゴーサインで再び第二ヘヤーピンで転倒、練習にならないまま、屋内保管となりました。
 いつかは、走らせたくて30年も保管状態です。
 5年ほど前に再塗装はしてみたものの実現していません。
 以前、「小排気量より大きい方が楽だよ」と聞いた事がありましたが、
 この年になってやっと理解できました。
 でも経済力、技量にあわせた小排気量も魅力です
 技量はともかく、大きいと乗り易いですね!(私の場合は250ですが!)

 車両の紹介:
 ヤマハトレールAT1(125cc)
 フレームは一回り小型のHT1(90cc)
 モトクロス用のキットパーツを組み込み
  一本リンクピストン、インナーローター、チャンバー(メーカー不明)
  (ごく最近TZRのサイレンサーをつけました)
 カウル、タンク、シートは成田さん手作りの製品です。
 (ダックスのキャップ、塩ビ加工のスクリュー)
 タイヤは最新BT-SSに交換済み(今は50cc用のタイヤ?)
(写真は初期のおむすび型から丸型になった30年前のもの、一度も走っていない)